介護サービス

介護保険制度について

介護保険のしくみ

介護保険のしくみ

介護保険制度は、各自治体が保険者となって運営しています。40歳以上のみなさんは、加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要となったときには、費用の一部を支払ってサービスを利用できるしくみです。
日本では1997年(平成9年)12月に「介護保険法」という法律が制定され、2000年(平成12年)4月に施行と同時に介護保険制度が開始しました。

要介護認定の区分について

要支援1

生活の中で、身の回りの世話の一部に手助けが必要な状態。日常生活全般の動作を自分でできる者。

要支援2

要支援1の状態から能力が低下し、日常生活動作で何らかの手助けや部分的な介護が必要となる状態。

要介護1

排泄、入浴、衣類の着脱などの手助けが必要。
立ち上がり、歩行、移動などの動作で助けが必要な時があるが、日常生活は、ほぼ1人でできる者。

要介護2

排泄、入浴、衣類の着脱などの助けが必要。立ち上がりや歩行、移動になんらかの支えが必要。
排泄や食事に見守りや手助けが必要なときがある。問題行動や理解の低下がみられることがある、など。日常生活のなかの動作に、部分的に介護が必要。

要介護3

排泄、入浴、衣類の着脱、立ち上がりなどの動作がひとりでできない。歩行や移動なども介助が必要な者。
排泄や立ち上がる時や歩行など日常生活の動作の中で、ほぼ全面的に介護が必要。

要介護4

排泄、入浴、衣類の着脱などがほとんどできない。日常生活に完全に支障をきたす行動が頻繁に見られるようになった者。

要介護5

ほぼ寝たきりの状態ですべての日常の生活全般に全面的な助けが必要と認められ、その理解力にも全般的な低下が認知され、意思の疎通が困難であると判断される者。

生活する環境を整える便利なサービス

福祉用具貸与[介護予防福祉用具貸与]

福祉用具貸与

日常生活の自立を助けるための福祉用具(下記の品目)をレンタルするサービスです。
( 甲府市の場合 )
車いす
車いす付属品(電動補助装置など)
特殊寝台
特殊寝台付属品(サイドレールなど)
床ずれ防止用具
体位変換器
手すり(工事をともなわないもの)
スロープ(工事をともなわないもの)
歩行器
歩行補助つえ
認知症老人徘徊感知機器
移動用リフト(つり具の部分を除く)※入浴用リフト(垂直移動のみ)、段差解消機なども該当します
自動排泄処理装置(要介護4・5の人のみ対象)

特定福祉用具販売[特定介護予防福祉用具販売]

特定福祉用具販売

日常生活の自立を助けるための福祉用具(下記の品目)を販売するサービスです。
腰掛け便座
特殊尿器
入浴補助用具
簡易浴槽
移動用リフトのつり具の部分)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ